MBA学生の進路は?どんな仕事に就けるの?

MBAを取得した後、どんなお仕事に就くことができるのか?限られたお仕事にしか就くことができないのか? - MBA学生の進路は?どんな仕事に就けるの?

MBA学生の進路は?どんな仕事に就けるの?

ykuyfkuf
お金を合法的に得るためには、「労働」によってお金を得る必要があります。
自分が持っている能力に応じて、提供できる労働サービスは異なるため仕事によってお給料が異なるという事態が生じるのです。
多額のお給料を得るためには、提供できる労働サービスの質を上げる必要があります。

質を上げるためには

私たちが提供できる労働サービスの質を向上させるためには、勉強するのが一番です。
皆さんもご存じのように、普通の人が持ち合わせていない知識を持っている人のお給料は概して高いものです。
ただ、自分で勝手に勉強すればいいのかというわけではなく何かしら勉強をしたという証が残らなければなりません。

お金を出して勉強しにいく

勉強した証を残すためには、お金を出して勉強しにいくことが必要となります。
受けられる教育のレベルは独学よりも遙かに高いですし、周りから見て客観的にその人には知識があると言うことを証明できる証拠のようなものも得られるからです。
例えばMBAを取得することが代表例としてあげられます。

学べることは本場ならでは

MBAは日本で取得することも可能な資格ですが、なんといっても経営学の本場アメリカで学ぶことが最もよいと勧められます。
アメリカで学べることは日本の経営学の学者さんがあと2,3年くらい経てば言うようなことをすぐに教えてもらえるのです。
もちろん日本の学者さんが独自に考え出す理論もあるのですが、それよりもアメリカならではの経営学に触れると言うことの方が大事でしょう。

就職なんて出来るのか

ところで、MBAを取得したからといって就職が出来るのでしょうか。
海外の大学院にまで行ってわざわざ勉強してきたにもかかわらず、全く就職に役立ちませんでしたでは話にならないからです。
就職面で不安にも割れる方は多いかと思いますが、その辺はあまり気にしなくても大丈夫です。
ただ、普通の就活とはちょっと違う会社を選ぶ必要があるかもしれません。

どの辺の企業からお声がかかる?

最近は就活の時に「なるべく安定している会社がいいから、日本企業の大きいところを選ぼう」という風潮が多分に強くなっていると感じます。
しかし、MBAを持っての就活では日本企業への就職はそれほど簡単なことではありません。
それよりも海外企業の日本支社に入る方が楽と言えば楽でしょう。
「外資系なんて怖い」と思われるかもしれませんが、それはあくまでMBAを取得する前の話です。
MBAを取得しようと思ったら、普通の大学院でやるようなことをさらに上回る厳しい毎日が待っているのです。
つまり、卒業する頃には外資系がノーマルに思えてしまう自分ができあがっていることでしょう。

MBAを知らない企業はない

yjtdktd
ではなぜ日本企業への就職が難しいのでしょう。
決して彼らはMBAを知らないというわけではありません。
しかし日本型の企業というのは、「若いうちは何も知らない人を採用して、その人を自分の会社の色に染め上げる」という作業を取りたいからです。
なまじ、MBAという世界の中でも最高峰に属するような知識を持っている人を採用してしまうと自分の会社の中では扱いづらくなってしまい優秀な人材なのに宙ぶらりんになってしまいます。
そうした事態を控えるためにも、採用を差し控えているといえるでしょう。

現実を知って就職先を考えよう

MBAを取得したら好きなところへ就職できるという考えは、最初に捨てておくことをおすすめします。
自らの才能にあった就職先を考えることが必要になるのです。